予備校講師のバイト

薬剤師のアルバイトで求人が多いのが調剤薬局です。地方の調剤薬局のアルバイトの時給は2000~2500で、主な仕事内容は調剤です。 調剤薬局より時給がいいのが、薬剤師国家試験のための予備校講師で時給は3000~4000円です。ここ数年薬剤師国家試験の合格率が悪いため、多くの卒業生が予備校に通っており、現役生も多くいます。予備校講師は薬剤師の資格をもっていることが望ましく、かつ教える立場ですので、それなりに苦労するかもしれません。国家試験の内容は幅広く、専門分野がいくつも分かれているため、自分の専門分野の講師を務めればいいことになります。学生からの評判がよければ時給も上がりますし、悪いと居ずらい立場に立たされます。 予備校講師の仕事内容は自宅でも予習をして明日に備えるというかたちになりますので、その分時給が高くなっていると思います。予備校は都心部にしかなく、もし働きたいと思うのであれば都市部に引っ越すことになります。 教えるのが好きだ、自分の専門分野を活かしたい、と思うのであれば予備校講師がいいかと思います。講師になって立派な薬剤師を育てていくのも仕事としてやりがいがあると思います。