研修制度について

病院で薬剤師としてアルバイト勤務する場合、治験センターにおいての新薬開発のサポートを担当することがあります。治験は新しく作った薬や新しいジェネリック医薬品の、安全性を確かめるための重要な業務で、アルバイト先としてはさまざまなことが勉強できるので人気です。 しかし治験は一歩間違えば薬害が発生しかねないことから、アルバイト勤務であっても研修制度を設けているという特徴があります。治験業務に関する知識や薬事法関係などについて研修制度でしっかりと覚える必要があります。 病院内の治験センターで薬剤師としてアルバイトしたいと希望しているなら、研修制度が存在しているのかと、どの程度の日数あるのかを確認しておくといいでしょう。 また以前と違う病院の治験センターで働いていたといった方の場合、研修制度を受けなくてもそのまま業務につくことがあります。 実は高い有料の外部研修に行くこともあるので、雇用する側としては経験がある薬剤師を雇って少しでもコストを抑えたいという側面もあります。

調剤薬局やDgSでは

調剤薬局やドラッグスストアでは、治験とは異なり接客やレジ打ち、処方せんの処理の方法などについて研修を受けることになります。 経験がある人でも一律に研修を受けることで企業内のルールを徹底させ、独自色を出すという意味合いがあります。 小売色が強いドラッグストアでは特に接客マナーに力を入れており、薬剤師アルバイトの場合はレジ打ちなども大切な仕事になります。 第1類医薬品の購入においてお客さんからきちんとした説明をする必要があり、最新の医薬品についても研修で勉強することになります。