勤務地と時間

薬剤師のアルバイトは病院や薬局、ドラッグストアなどから求人募集案件が出されていることが多いですが、日本全国にかなりの数の募集案件があるため、資格があればいつでもアルバイト勤務ができる状態だともいえます。 求人案件が多いということは、必然的に雇用される側がある程度勤務先の選定を行えるということになり、時給や勤務内容はもちろんのこと、勤務地までの通勤時間もしっかり事前にチェックすれば、大学や自宅からの距離で納得がいくような職場を選ぶことができます。。 薬剤師のアルバイトは専門的な知識と資格が必要な事から、一般的なアルバイトに比べると時給が2倍以上になっています。しかしどれだけ給料面で優遇されていても大学や自宅からの距離が遠く勤務地までの通勤時間がかかりすぎると、実質的な時給も下がってしまうので通勤時間のチェックは重要度が高いと言えるのです。 大学や自宅からの距離は最寄り駅からの勤務時間から計算するといいでしょう。薬剤師専門の転職サイトなどを利用すれば、勤務地ごとの最寄り駅からの通勤時間が簡単に分かるため、参考にすることができます。

通勤のための交通手段

さらにもう1つ確認しておきたいのが、通勤に使用してよい交通手段です。門前などの調剤薬局では駐車スペースがないため、 車で通勤することができない求人がほとんどです。また治験機関にアルバイトに行く場合は逆に車を使って病院を回ることもあり、 運転免許を持っていないとダメだったりします。交通費についてはきちんとした規定が設けられているはずなので、 適正な交通費を支給してもらうようにしましょう。ドラッグストアの場合は駅からの距離も調べておく必要があります。