QCとは

薬剤師の資格を取得している人達は、色々な医療機関や製薬会社で働くことが出来ます。臨床開発機関では、治験コーディネーター、臨床開発モニター、医薬情報担当者、臨床開発などの業務に携わっています。 製薬会社の新薬開発は花形となりますが、陰で支える仕事として治験機関で品質管理の仕事をQCと呼んでいます。QCとはQuarityControlの略で、新薬開発において治験が適切に行われているかを評価し、検証するのがQCの主な仕事となります。 臨床開発モニターが作成した、データ入力された書類をチェックし検証することで、違反等を防ぐことが出来ます。QCは、医薬品の品質を向上させるために、責任のある仕事となります。 薬剤師の資格を持っていればアルバイトとしても働くことができ、新しい医薬品の開発に携われるためやりがいのある仕事が出来ることになります。 QCの業務は、治験業務に関する知識や正しい倫理観も必要となりますが、研修制度を充実させているのでスキルアップにつながります。 仕事を通じて治験業務に関する知識が身につき、やりがいのある仕事に携われるので魅力のあるバイト先の1つです。

治験機関における繁忙期

CROやSMOなどの治験機関では製薬会社が開発した新薬に使用される医薬品の成分に対して、 どのような効果があるか、予想していない効果が出ないか、そして副作用が出ないか入念なチェックが行われます。 治験機関はさまざまな製薬会社から治験業務を代行しており、治験の進捗状況によっては忙しい時期が生まれます。 その場合はQCやDMなど比較的簡単な業務についてアルバイトを雇うこともあります。 ただし経験がある人やきちんと研修を受け、QCのスキルや知識をしっかりと身に付けた人のみに限られます。