コミュニケーション能力とは

薬剤師に必要なスキルは医療に関することだけではありません。同僚とのホウレンソウ(報告、連絡、相談)ができるコミュニケーション能力も重要です。同僚とのホウレンソウだけではなく、患者さんの症状や悩みを聞き取る力や患者さんへの医薬品情報の提供、服薬指導等ができるかどうかも大切です。 医薬品は病気の治療に役立つ反面、誤った使い方をすれば強い副作用や、最悪死に至ります。そのようなことを避けるために、いつどれくらい服用したらよいのかをしっかりと伝え、その医薬品の効果や副作用を提供し、患者さんの悩みや症状を聞き取った上で調剤し服薬指導を行うことが大切になります。 少しでも分からないことがあれば同僚や上司に相談をすることが必要ですが、スムーズなコミュニケーション能力はとても重要になってきます。 患者さんの症状や悩みを聞き取る力は、患者さんへの副作用に関する注意喚起は医療事故を防ぎ、患者さんの不安を和らげる効果もあるので薬剤師アルバイトで働く上で重要なスキルです。

アルバイトと正社員の関係でも

アルバイト薬剤師として働く際にもコミュニケーション能力は必要とされるスキルの1つです。 最近では無断欠勤をするアルバイトも少ないですが、シフト時間をきちんと確認せずにお店に迷惑をかけてしまったり、 お店の特売情報などを確認せずにレジ打ちをしてお客さんに迷惑をかけてしまうということもあります。 コミュニケーションは情報を確認して、与えられた業務を的確にこなす上で必須スキルなので、面接時にもチェックポイントとして確認されることがあります。