服薬指導とは

薬剤師の仕事の中には、薬の調合だけではなく服薬指導という仕事もあります。 病院では、どの薬を処方しますということは患者さんに伝えられていますが、副作用の危険性や薬を飲む時間、量、回数などは病院では直接指導されていないケースがほとんどです。 そのため、薬剤師は薬について副作用なども含め分かりやすく伝えるというスキルも必要になります。 薬をお渡しする際に、時間、量、回数なども分かりやすく伝えるのですが、病院では直接指導されていませんので医薬品の知識がある薬剤師が行うことになっています。 患者さんの症状なども聞いて、医師がどのような目的でその薬を処方しているのかを見極め、飲み方などもアドバイスをしたり、さらに患者さんから質問があれば、分かりやすく答えることが必要です。 薬によっては、飲み方に注意が必要なものもありますし、 分かりやすく伝える事で飲み間違いを起こすリスクを減らし、服薬指導でコミュニケーションを図ることは薬害を減らすためには大切な業務です。 患者さんと向き合って薬の適正使用を促すことも大切な仕事の1つです。

アルバイトでも服薬指導は必要

アルバイト薬剤師として働く場合に一番多いのが調剤薬局やドラッグストアの調剤コーナーで、 処方せんにかかれた医療用医薬品は効果も高く副作用も出やすいので服薬指導が大切になってきます。 アルバイトでももちろん適性な服薬指導を行うことが必要になり、特に小さな子どもや高齢者に対して理解しやすいように工夫することも大事です。 勤務先によっては飲み方・用法などの独自パンフレットを作成したりしているので、自身のスキルアップを図ることも可能です。