調剤業務とは

薬剤師の仕事は、数ある医療関係のなかでも非常に重要度の高い位置にあります。なぜなら患者さんに合わせた医薬品を提供することも業務のひとつだからです。もちろん患者の病状や、あるいは怪我などの状況などにより選んで指示を出すのは医師ですが、全てこの指示のとおり手渡せばいいというわけではありません。 実は医師は処方せんは出しますが、医薬品の知識については薬剤師ほど持っていないことが通常です。 医薬品は世の中に星の数ほどあるうえ定期的に新薬が出されており、専門的にかつ継続的な勉強なくしては身につかない高い水準です。 薬剤師は難関国家資格ですが、人の健康や場合によっては生命にまで影響を与える仕事内容だけに、当然だともいえます。かつては薬科大学や大学の薬学部で4年間勉強し、卒業して受験資格が与えられていましたが、現在は6年間の勉強が必要です。晴れて合格すれば、働く場所に困ることはまずありません。医薬品の知識はそれだけ専門性が必要とされる職業であり、病院や大学などの研究機関をはじめ製薬会社や薬局など、様々で重宝されます。基本は医師の出した処方せんに従い、ピッキングマシーンや手作業で、患者さんに合わせた医薬品を提供するのが主な任務です。 ピッキングマシーンを使いこなすにも、飲み合わせを判断する専門知識が必要になります。

調剤スキルを高めるには

調剤業務では患者さんに合わせた医薬品の提供をはじめ、成分の計測や錠剤の包装などを素早く行う必要があります。 調剤薬局ではほとんどの仕事が調剤業務となるため、スキルアップも目的としてアルバイトとして働く場合は調剤薬局がおすすめです。 所属する大学が大学病院を開設している場合は、調剤部に研修生やバイトとして働くこともできます。 その場合は点滴液の製剤や治験に関係している医薬品の調剤を勉強できるため、働く機会があればぜひ経験を積むことをおすすめします。