治験機関の時給は

薬剤師が関係する治験機関としてSMOやCROがあります。SMOは正式には治験施設支援機関を意味し、治験を実施する病院やクリニックと契約し、治験の仕事を支援する業務を行っている民間企業のことを指します。これに対してCROは製薬企業を支援する業務を行っており、その内容においても違いがあります。SMOが治験施設支援機関であるのに対し、CROは開発業務受託機関ということです。 SMOやCRO、どちらにおいても薬剤師が活躍をする場としては共通したものがありますが、治験機関と開発業務ではその内容に違いがあります。SMOでは病院と契約して治療の支援を行うこととなっているのに対し、CROは依頼主の製薬会社から新薬の開発を受託することが役割となっています。 また職務の中でSMOではCROのみが薬剤師の職種ですが、CROではQCなどさまざまな職種がありQCはアルバイトの募集も行っています。 薬剤師の平均的な時給は人材不足ということもあり上昇が見られ、年収ではSMOが300~700万円程度、CROが年収400~1,000万円程度となっています。 時給に換算するとおよそ2000円程度となっていますが、治験業務の経験がある場合は2000円以上の時給が支払われることもあります。

QCの仕事は

QCはQorityControlの略で、治験が省令で定められた実施基準に基づいて行われているかチェックし、 治験参加者から得られたデータの整合性や適正を確認し、DMと呼ばれる職種にデータを引継ぎます。 実際の治験現場ではCRAとよばれる開発モニターが治験内容を確認していきますが、 治験から得られたデータについて問題がないかチェックするのがQCで、治験業務の経験があるとアルバイトでも働くことができる職種です。