ドラッグストアの時給は

ドラッグストアの調剤コーナーで働く薬剤師の年収は、およそ月給25万円~35万円ほどなので、初年度の年収は350万円~450万円が相場となります。 ドラッグストアの場合は5万円~10万円程度の薬剤師手当が付くため、初任給に関しては、調剤薬局や病院よりも高い給料をもらえます。 時給に換算すると、2000円以上はもらえる計算になりますが、平均的な時給は大体1500円前後となっています。 平均的な時給は都会と田舎でも大きく違うので、繁華街にあるお店であれば、2000円以上をもらえるところはいくらでもあります。 ただしドラッグストアは調剤コーナーでの専門的な仕事以外にも、レジや品出し、掃除などもする必要があるので、雑用もこなさなければなりません。 中には24時間営業のお店もあるので、残業や夜勤が多くなりそうな気もしますが、薬剤師が常駐しているところは少ないので、アルバイトで働けば、好きな時間に自由に出勤することが出来ます。 薬剤師のいない調剤薬局はありますが、ドラッグストアには薬剤師の代わりに別のスタッフがいるので、レジや品出し、掃除などはその人たちに任せられます。 薬剤師が誰もいないドラッグストアもありますが、週に何日か、あるいは一日に数時間しかいないところも多いため、残業をすることはありません。

ドラッグストアの仕事内容

アルバイト薬剤師が求められる業務は忙しい時期のメイン薬剤師さんの補助や第1類医薬品の販売です。 ドラッグストアの中には常に薬剤師が常駐しているわけではなく、1日おきに正社員が来る場合や アルバイトやパート薬剤師を使って限定した時間のみ医薬品を販売している店舗もあります。 リアップやアレグラーなど人気があって効果が高い第1類医薬品は利益率も高いので、お店によってはバイトでも販売担当にすることによって利益を上げることができるわけです。