一般的なバイトとの違いは

薬剤師とは、調剤業務や医薬品の供給、その他薬事衛生を司る医療従事者のことを指し、この職業に従事する者は厚生労働省が管轄する薬剤師国家試験に合格し、その後、厚生労働大臣の薬剤師免許証を取得しなければなりません。 さらに、これらの試験を受けるには、大学、短大、専門学校など、薬剤師専門の機関で学ぶことが一般的です。免許を取得した人は、主に調剤薬局や病院などの薬剤業務に携わることができ、高齢化が進む現代では、その活躍の場は多岐にわたっています。責任は大きいですが、比較的安定し、年齢問わず働ける為、女性にも人気の職業といえるでしょう。 実際、薬剤師の雇用形式はアルバイトや派遣社員などが多いのをご存知でしょうか。コンビニなどのアルバイトと比べ、時給の違いは大きいのが特徴です。コンビニの時給は800円ほどですが、薬剤師は2000円を超え、通常の正社員の給与と比べても、時間換算ではほぼ同じになります。また、コンビニのように誰でも仕事に従事できるわけではなく、医療従事者としての責任は大きいものになります。他のアルバイトと比べ時給の違いは大きいため、学生は勉学に勤しみながら高収入を得たいと思う方にはぴったりの職業とも言えます。

キャリアを積むことも

他のバイトと異なるもう1つの大きな点は、アルバイトでも専門的なスキルを磨くことができキャリアを積むことができるという点です。 コンビニや居酒屋のアルバイトでは接客やレジ打ちなどを学べますが、それを正社員として活かすキャリアプランはあまりありません。 反対に薬剤師として調剤薬局やドラッグストア、治験機関などで専門的な業務をこなしてスキルを身につけることで、 正社員や派遣社員として職を探す際に有利となったり、実際の仕事でやりやすいなどのメリットがあります。