短期アルバイトの特徴

薬剤師の世界でも、短期アルバイトというものがあります。 たとえば、風邪が流行する冬場や夏休みだけなど、特に忙しい調剤薬局やドラッグストアなどでは求人が募集されることがあります。 調剤薬局やドラッグストアにおいても、風邪が流行する冬場は特に忙しくなります。 薬剤師でなければ購入できない効き目の強い第1類医薬品の需要も増え、忙しい時期にはそれだけ求人も増えるのです。 また、逆にお子さんがいる方だったりしますと、夏休みだけお休みをするという方もいるので夏休みだけなど短期アルバイトが欲しいという調剤薬局やドラッグストアもあります。 一般的には調剤薬局よりもドラッグストアの方が時給が高い傾向があります。 その理由としては、どちらも服薬指導などは必要となるのですが、ドラッグストアでは品出しやレジ対応、掃除等さまざまな事をしなければならず、調剤薬局よりも大変さとしては上回ることが多いためです。 定着率も調剤薬局に比べますと低いと考えられており、特に調剤コーナーがあるドラッグストアでは薬剤師がいませんと処方せんの扱いもできなくなるので、給料を上げてでも求人をするということになります。 短期で働く場合のメリットデメリットがありますので、検討されてみてください。

治験機関という職種

短期アルバイトが募集されているのは、DgSだけではなく治験機関でも行われています。 SMOやCROでは複数の治験プロジェクトを同時進行させており、治験参加者の集まり具合によっては DMやQCなどの仕事が忙しくなることがあります。時には深夜に及ぶ勤務や土日出勤になることもあるので、 このような繁忙期にのみ短期間でアルバイト薬剤師を雇って業務の補助を行うこともあります。