正社員との違いは

薬剤師の正社員の月収は調剤薬局と病院勤務によって違います。この差はアルバイトでも同様に違ってきます。月収に関しては調剤薬局が高くなりますが、地方にいけばいくほどもっと月収も良くなり、地方で勤務した場合の月収は40歳代の場合最低でも600万はあると言われています。 地方では薬剤師の獲得が難しいため正社員やアルバイトの時給は必然的に上がり、病院勤務の場合でも同じことが言えます。正社員の場合は病院で調剤部で責任者となることがあり、管理薬剤師となります。管理薬剤師になると管理立当てが支給され、この額が1~2万円となります。 正社員とアルバイトの大きな違いは責任のある役職につけるかどうかという点です。ドラッグストアの場合の時給や月収は比較的高い割には仕事内容が薬品や食料品の陳列や販売がメインであり、重労働とまでは言えません。 ドラッグストアによっては調剤コーナーもあり、月収や時給は調剤薬局並みに増えることもあります。ただし、医師からの処方箋を見て調合しますので、薬や臨床面での知識を活用しなくてはなりませんのでアルバイトでもある程度の経験が必要です。

正社員との付き合い方

アルバイト薬剤師として働く場合に上司となるのが管理薬剤師やドラッグストアの店長にあたりますが、 同じ薬剤師であれば仕事の補助をメインとします。ドラッグストアで一人薬剤師になっても管理薬剤師になることはありませんが、 実質は店舗の医薬品販売に対してある程度の責任を担うことになります。アルバイトとして採用された場合でも 正社員と同じように研修制度を受けますが、求められるスキルや能力は職種によって異なるので学生であれば良い経験を積む場にもなります。