薬剤師の時給は

薬剤師の資格を持っていれば、子育てや介護などで仕事を離れた後も、都合のよい時間を選んでアルバイトとして働くことができます。一般のアルバイトよりも、薬剤師のアルバイトは時給が高くなっており、平均的な時給はおよそ2000円になります。 他のアルバイトよりも割高なので、薬剤師の資格を持っているのはお金を稼ぐという点ではかなり強みになります。また、アルバイトとして働ける場所は多くなってきており、医療機関である病院や処方薬を扱う調剤薬局やドラッグストア、企業や大学の研究所など、多岐にわたっています。 ただし、アルバイトといっても職種によって異なるので、時給もそれぞれ異なり働く場所によっては時給が違うので注意が必要です。また、近年は薬の販売方法が多様化したことや、企業が薬の開発に力を入れていることから、薬剤師の需要が高まっています。 いわゆる売手市場になっていますから、福利厚生が充実していたり、長期雇用を求めている会社も少なくありません。アルバイトは、自分の都合で働く時間が決められるのが大きなメリットですから、雇用を結ぶ前に、残業や臨時出勤があるのかどうか確認しておくといいでしょう。

時給と働きやすさ

時給が比較的高いのはドラッグストアの深夜勤務や病院の土日勤務ですが、その場合は2500円程度になります。 調剤薬局の中には1800円など2000円を割る時給を設定しているところもありますが、 家から近くて通勤時間が短かったり、アルバイトでも託児所を使えるチェーン店もあるので、 一概に時給だけを見て職種を選ぶよりも複数の求人案件から比較検討されるのがおすすめです。