アルバイト薬剤師について

現在、薬剤師の働き方は様々ありますが、シフトで働くことができるパートやアルバイトの薬剤師に注目が集まっています。 パートやアルバイトと言っても時給が高く、好条件で働くことも可能です。 薬剤師の強みとして挙げられるのが時給が高い点ですが、調剤薬局やドラッグストアに勤務した場合でも最低時給でも1500円から2000円ほどの時給が貰えるところがほとんどです。 子育てや家事に忙しい主婦の方の場合、無理なくシフトで働きたいという希望や扶養の範囲内で働きたいという希望を持つ方も少なくありません。 調剤薬局やドラッグストアなどのアルバイト薬剤師として勤務した場合、短時間の労働でも効率よく稼ぐことができるのでお勧めです。 また、調剤薬局やドラッグストアなどの所定の労働時間を満たすことで、社会保険に加入できることもあります。 さらに、移動や転勤などの心配もないため、アルバイト薬剤師は、学生や主婦の方におすすめの働き方と言えます。 シフトで働くことによって、自分の都合に合わせて勤務することができるので、学生や主婦の方でもプライベートを充実させながらストレスなく働くことも可能です。 時間や曜日に合わせて自由にシフトを決めることができるのもアルバイト薬剤師の魅力です。

意外に多いアルバイト薬剤師

薬剤師といえば正社員で働いているというイメージがありますが、意外とアルバイトで働いている薬剤師もたくさんいます。 例えば24時間対応のドラッグストアや病院の当直など、正社員が昼間働いていて補えない部分をバイトで補っているという感じです。 他にも繁忙期の治験機関や冬季の調剤薬局など、時期によっても忙しさが異なるので、そういった時にアルバイトを活用します。 薬学部生は忙しい人も多いのですが、薬学研究をしていてドクターで研究している人もアルバイトしている人が多いです。